アルゴクラブ

数理ゲーム、平面立体パズル、論理問題など、知能トレーニングを学びます。

“遊び感覚”で楽しく取り組め、高学年や中学受験で必要となる“算数センス”や“数学的思考力”を鍛え伸ばします。

「つ」のつく年齢ならではの学びで、算数脳を鍛えましょう!

   年間42回   受講時間 90分

※年長さん向け講座「ぷちマナビオ」「プレアルゴ」もあります。

授業時間

- 平日コース  16:00—17:30

- 土曜コース  13:10—14:40

- 年間42回

- 月謝 7,020円(税込)

STEM(理数系)コースは、千葉市、袖ヶ浦市、木更津市、君津市、いすみ市、大多喜町など、遠方からお通いの方もいらっしゃいます。無料駐車場と保護者の方の待合スペースをご用意しています。(もちろん、市原市、他市の方もご利用できます)

ゲームを通じて身につける論理性・思考力

アルゴクラブには、オリジナル教具を使った様々なゲームがあります。

教室では、生徒を2~4人のチームに分け、チーム内またはチーム同士で勝敗を競い、楽しみながら論理的な思考を身につけます。アルゴクラブ上級になると、単なる勝ち負けだけではなく、自分の考えを皆の前で話すようになり、表現力や説明力が鍛えられ、コミュニケーション力も養われます。


■元気にあいさつ

アルゴクラブでは礼儀やマナーも大切にします。いつも、授業は元気なあいさつから始まります。

■論理ゲーム「アルゴ」

数字が書かれた白と黒のカードを用います。様々な条件から、相手のカードを推測する思考ゲームです。お子様の習熟度に合わせたルールを選択することで、難易度を調整します。

■図形パズル「ジオ・1」

大きさの異なる3種類の直角三角形10枚と正方形1枚のピースを使って、問題の影絵と同じ形を作ります。完成図形が複雑になるにつれ、子供達は保護者の方がビックリするような想像力を発揮するようになります。平面図形のセンスが養われ、図形をイメージ・構成・再現する力が鍛えられます。

■立体パズル「ピーキューブ」

制限時間内に、形の違うピースを組み合わせ、立方体や直方体、見取り図で示された立体を作ります。見取り図の平面的な形から立体をつくることで、空間認識力や立体の構成力を鍛えます。

■平面パズル「アイキューブ」

正方形の枠内にピースを敷き詰めるゲームです。対戦・競争を通じて、相手とのやり取りで変化する図形を素早く的確にイメージし、構成・展開する能力を育みます。平面図形のセンスと柔軟な対応力が養われます。写真は自宅学習用のウレタン製の教具です。教室では、木製の教具を使用します。

■チャレペー・詰めアルゴ・ナンバーリンク

アルゴクラブでは、授業の中でプリント問題も行います。数理的思考力を育む「チャレペー」、伏せられたカードを当てる「詰めアルゴ」、ブロック状に並んだ数字の島に提示されている数だけ橋をかける「ナンバーリンク」があります。いずれも楽しく考え抜く力を養う、クイズのような問題です。プリント問題でも、子供達は早さを競いたがります。誰よりも早く・正確に解けるるように、子供達は目を輝かせて問題に取り組みます。